思春期のニキビ

思春期ニキビが発生する原因

思春期のニキビ

思春期ニキビは、過剰に皮脂が分泌されることによって発生します。ホルモンバランスに変化が現れることによって、男女問わずに肌の悩みとして生じることがあるのです。しかし、皮脂の分泌量が減少すると、自然に緩解するというのが特徴です。

ホルモンバランスが変化を起こす時期のニキビだからこそ、根本部分の改善を図ることはできません。ただし、適切な肌ケアを行うことができるようになれば、大人ニキビよりも症状の改善に対する期待は大きくなります。

皮脂で毛穴が詰まってしまうと、どうしてもアクネ菌の増殖が促されます。皮脂をエサにする特徴があるからこそ、詰まった先からどんどんニキビのリスクが高まるのです。こうした事態を治めるためには、こまめに皮脂を取り除くという作業に徹する必要があります。

もちろん、乾燥はさらに皮脂を分泌させることになってしまうため、適度な潤いを皮膚に与えることも重要です。過剰な刺激にならないように、低刺激性の化粧水を使うことも有効な場合が多いでしょう。

思春期ニキビの原因である、成長に伴ったホルモンバランスが影響するからこそ、どうしてもTゾーンにぽつぽつと症状が現れます。まずは肌ケアを丁寧に行うことによって、原因となる皮脂のつまりを除去することが、すぐにでも行える対応策となるのです。

Copyright(c) 思春期のニキビは正しい洗顔で予防 Inc. All Rights Reserved.